うつろさんdiary

憂鬱なうつろさんの歪んだ思考。

二人のストーカー

昼寝してたらまた悪夢だよ。ほんとに最近多いんだけど何事なの。夢らしい支離滅裂な夢だった。
公民館のような所に住んでいて、一応、世帯ごとに部屋は分かれてるらしい。
そのとき子供と風呂に入ってた。風呂を出ると座敷で、お茶が飲めたり休憩できる共用スペースがある。
風呂を出ると、風呂のドアに
お茶7つ置いてあります
お茶+1つ置いてあります
と書かれたメモが貼ってあった。あの座敷に置いてあるようだったが、飲まなかった。ほかの日も、メモは貼ってあった。個数は2つだったり、日によって違った。
最初からその主をなぜかあたしは知っていた。大きな体の男で、顔に傷がある。怖くて飲めずに避けていた。
風呂場がすりガラスになっていて、人が通るたびに怖かった。
これをストーカーと呼べるかはわからないけど夢の中ではそういう扱いだった。
二人目は、外国人、そんで巨人。東京タワーの1/3か1/2くらいの大きさ。東京タワーよく知らないけどそんなイメージ!とりあえず人間的な半端なサイズじゃなくて、歩くと街を破壊する系のサイズの巨人です!
そいつが頻繁に風呂を覗いたりしてくる。なぜか常にあたしらは風呂に入ってるんだけど、そこから出られるか、ハラハラさせられた。風呂場を出たらストーカーと鉢合わせになるかもしれない恐怖。しかも子供は何も知らないから声とか普通に出しまくる。二人のストーカーは子供がいること、結婚してることを知らないようなので、もしバレたら激昂して何をするかわからない恐怖。
旦那が帰ってきて、そのことを話すと、
話をしてくる
だそうです。話して通じる相手ではないので、やっぱり返り討ちにされてボコボコ。
旦那も子もいる事がバレ、子供を抱っこして逃げました。真っ暗で、車は走ってるけど灯りも歩道もなくて、車とスレスレの山道を走った。
どの車でもいいから止まって欲しくて手をあげたりしてた。タクシーが止まってくれた。
でも、あたしは以前その運転手に、犯された事があったらしい。そのあたしがまたいたので、ラッキーと思い止まったらしい。助ける気はないみたい。
あたしが拒んだら、子供に殴りかかろうとして、、
そんなかんじで、終わりました。。いつも悪夢ばかりです。寝ると逆に疲れるのはなんなの。。